あらかじめ確認しておくべき事柄が、サプリメントの販売業に際してはあります。

サプリメントを販売する時の注意点


サプリメントは食品扱いなので、販売時に、病気や疾患への治療効果があるような書き方はできません。販売時の広告でも、そのサプリメントの効能を記載すると、法律に違反したことになります。人によっては、サプリメントの広告に書いてはいけないことがあると気付いていない方もいます。特定の疾患に効果があったり、治療ができるという記載の形をとることは、法律ではしてはいけないことなのです。もしも、サプリメントに治療の効果があるような書き方をしていると、薬事法に違反したことになります。医薬品と違って、サプリメントは食品の延長線上にあるものとして扱うことになっています。また、サプリメントの成分は厚生労働省が指定している食薬区分を守ることが義務づけられています。医薬品の成分を少しサプリメントと混ぜれば効能を書いてもいいような気もしますが、そういった売り方は薬事法に違反しています。法律では、あくまで食品は食品として販売するように求められています。サプリメントの分類は食品であって、薬ではありません。そのため、食品としての売り方や、食品としての成分が前提となります。対面販売や、訪問販売など、サプリメントの販売をする時には該当する事柄ですので、気をつけるようにしてください。






レディース スカート通販

レディース アウター通販